水はもっと優しくなれる

048-548-7338 受付時間 9:00~17:00 土日祝休業

メールでお問い合わせ

エコキュートにもイオンソフナー

エコキュートにはなぜ軟水がいいの?

エコキュートの仕組み

エコキュートはタンク内の水をヒートポンプユニットに送り、熱交換させるシステムです。

タンクユニットとヒートポンプユニットがセットになっていて、ヒートポンプ内部の熱交換器でお湯を沸かす仕組みになっていますが…。

エコキュートの配管は細く、高温で沸かすためスケールトラブルが発生しやすい環境です。

水道水でもトラブル発生!?

  • 水道水では硬度130mg/Lでスケールによる不具合が設置後3ヶ月で発生しています
  • 井戸水では硬度50mg/Lでもスケールによる不具合が設置後4ヶ月で発生しています

国内の平均硬度は60mg/Lで、軟水器の必要性はあまり認識されていませんでした。
しかし地域によりその硬度に差があり、近年ではメーカー側もスケールによる不具合状況を把握してきつつあり
硬度によりエコキュートの設置が適さない場合もある」と公表しているところもあります。

井戸水の場合は、硬度以外にも様々な不純物が混じっていることもあり、ほとんどのエコキュートメーカーは設置を断るか、または保証の対象としてくれません。
井戸水用エコキュートも発売されていますが、水質に制約があり飲料水の水質基準に適合した場合だけのようです。また配管詰まりによる不具合を担保する有料保証制度を設けるなどしています。
つまり…井戸水の場合は、硬度が低くてもリスクは高いということです。

【スケールとは】

水道水や井戸水中に含まれるカルシウムやマグネシウムは加熱すると結晶化する性質があり、それが配管内に析出されたものです。
スケールによる配管の閉塞で、熱効率・省エネ性の低下…トラブル発生が懸念されます。

そんなお悩みはイオンソフナーで問題解決

これで解決!
イオンソフナーはスケール要因のカルシウム・マグネシウムを徹底的に除去し、硬度1以下の完全軟水にします
これで解決!
イオンソフナーは井戸水の鉄・マンガンも効率よく除去できます
  • 硬度分がある水道水を使用
  • 硬度1以下の超軟水を使用

※スケールによる不具合が発生した場合、通常はヒートポンプユニットの交換を要します。

スケールによるトラブルが一切なくなります。

  • 高い熱効率を維持
  • 維持管理費の削減
  • トータルのコストダウン

エコキュートの省エネ性をさらに高めることができます。